joshi.png
繧ソ繧、繝医Ν01.png
math.png
sic.png

​ロールモデルの紹介

g1023-7.png

​■トークテーマ

g1023-7.png
​第一部講師
京乃 はる さん
タレント・サイエンスエンターテイナー
■ ​仕事について・やりがい
私は現在大学生で、理科の先生の卵として勉強しながら、科学の面白さを発信する活動をしています。理系といえば研究者やお医者さんなどのイメージが強いかもしれませんが、私は人とかかわることが大好きなので、科学を通して人とかかわる取り組みをしています。こういった活動の中で、「科学って面白い!」と思ってもらえるとすごく嬉しいし、やりがいを感じています。どうやったら科学の面白さをみんなに伝えられるのか考えながら、日々がんばっています。
■ ​皆さんへのメッセージ
私が文理選択をしたのは、2年前の高校二年生の時です。得意科目と好きな科目は違うというのはよくあることですが、私はその典型的なパターンで、文系科目が得意だけど好きなのは理系科目でした。文系に進もうかと悩んだ時期もありましたが、やっぱり好きなことを学びたいと思い、理系に進みました。結果、今は大好きな科学にかかわる活動ができて、とても楽しいです。なにが好きかまだ分からないという人や、理系科目に苦手意識があって悩んでいる人も多いと思いますが、今回のリケジョフェスタで、ちょっとでも自分の好きなことが見つかればいいなと思います。
京乃はる宣材.jpg
「紫外線を使ってアクセサリーを作ってみよう」
■ ​ワークショップの内容
g1023-7.png
​ロールモデル
上村 忍 さん
​香川大学創造工学部
■ ​仕事について・やりがい
分子やイオンを分ける,数ナノメートル(*ナノは10億分の1)という分子レベルの薄いシートを作る研究をしています.自分の手で直接触れ,目で見ることができないサイズであるため,装置を通して自分の予想していたナノシートと同じものを観察できると,やればできるという達成感と感動を覚えます.適切なサイズの孔を有するナノシートができれば,SDGsにつながる海水淡水化のための膜やCO2吸着剤として利用できます.
■ ​皆さんへのメッセージ
AIや医療,エネルギーなど,我々の新しい生活で必ず関わるものは“材料(マテリアル)”です.縁の下の力持ちである材料は,最終製品の一部であるため,皆さんが気づかないことが多いのですが,最先端の材料によって常に時代が作られており,日本の産業を支えている分野です.材料の分野では,物質を作る化学,物理,生物などの基礎的専門知識,,新しい材料を作る最先端技術だけでなく,世界の状況や身の回りを観察し,人のニーズを見出す観察力や認識力なども必要であり,学ぶことになります.ぜひ工学系で学び,材料を通して様々なことを学びませんか?
上村忍.jpg
​高分子で二次電池を作ってみよう
先端マテリアル科学コース
■ ​ワークショップの内容
g1023-7.png
​ロールモデル
佐藤 瑞穂 さん
​株式会社ゴーフィールド
​(Web制作会社)
■ ​仕事について・やりがい
Web制作会社でデザイナーをしています。Webサイトのデザインでは、お客様へヒアリングをして既存サイトの改善点を洗い出し、工程を細かく分解し1日単位でスケジュールをたて、プロジェクトメンバーと連携しながら、ページのデザインや構築を進めていきます。自分がお客様やWebサイトに訪れる利用者(エンドユーザ)の立場だったときによりよいのはどれかと考えながら日々仕事に取り組んでいるので、できあがったWebサイトを見て喜んでいただけるのはもちろん、自分自身でも「ここがすごくよくなった」と自信を持って言えるWebサイトを作り出せた時にやりがいを感じています。
IMG_6107-1.jpg
■ ​皆さんへのメッセージ
私は学生時代、理科も数学も苦手な生徒でした。なんとなくWebサイトを見るなかで偶然作り方を知り、なんでこうなるのだろう?こうしたらこの動きもできる?という好奇心だけで趣味としてWebサイト制作を始めることに。気づけば苦手だった数字に囲まれながら、大好きなWebサイト作りを仕事にしています。だからこそ、好奇心や好きという気持ちは何者にも勝ると自信を持って言えます。興味のあることは遠慮せず全てチャレンジして、とにかくたくさん体験して遊んで、楽しい!と思えるものと出会ってください。その想いを大切にすれば大変なことも乗り越えられる進路が見つかりますよ。
パソコンひとつで作れるWebサイト~HTMLコーディングをしてみよう~
■ ​ワークショップの内容
g1023-7.png
​ロールモデル
廣瀬 花鈴 さん
​株式会社NTTドコモ
■ ​仕事について・やりがい
NTTドコモで、法人企業向けに5Gや先進技術のサービスを提供する部門にて、対話AIサービスを世の中に広める仕事をしています。
先進技術の「対話AIサービス」の販売・企画(商材の作成・検討)、お客様に対する営業支援を行っています。先進技術を駆使して社会課題や企業の抱える課題を解決することにやりがいを感じています。特に、大学院で農業に関する研究をしていたこともあり、四国の農業をより良いものにしていく実証実験には、大きな情熱をもって取り組んでいます。
■ ​皆さんへのメッセージ
私は中学時代から理系の道に進むことを決めており、高専に進学しました。高専時に専攻していたのは化学ですが、大学や大学院では化学を駆使した農学を、社会人では農業を含むあらゆる課題に、情報技術(IT)でアプローチする仕事をしています。「今専攻しているのがこの分野だから…」と選択肢を狭めず、幅広い視野でたくさん挑戦してみてください!
ドコモ廣瀬 - コピー.jpg
5G、AI技術を使って、社会課題を解決するサービスを考えよう!
■ ​ワークショップの内容
​5G・IoTビジネス部
g1023-7.png
​ロールモデル
晋山 典恵 さん
​花王株式会社
■ ​仕事について・やりがい
私は香りを届けたいターゲット像や最適な方向性を考え、お客様に喜んでもらえる香りをデザインする仕事であるエバリュエーターとしてスキンケア製品の香り開発に携わっています。
業務では調香師と呼ばれる香りのレシピを創造する方と二人三脚で1つの香りを創ります。製品への嗜好性、愛着、使用感助長など香りが果たす役割は重要です。より良い香りを創るため勉強の毎日ですが「この香りが好き」というお客様の声を見た時にとてもやりがいを感じます。
世界中の人々の心や生活を豊かにする製品を届けること、それが私たちのものづくり・香り創りです。多くの人の毎日を少しでも楽しくハッピーにできる仕事であると考え、日々精進しています。
■ ​皆さんへのメッセージ
私は中高生の時に肌悩みを抱えていたことや高校の時に受講した化学の授業が楽しかったことがきっかけで理系に進み、生命科学を学ぶことができる応用生物科学部に進学しました。そして大学での天然物を利用したメラニンや認知症研究を通じて人の役に立つものづくりの研究職に興味を持ち、日用品メーカーに就職しました。
何がきっかけとなるかは皆さん次第ですが、楽しいと感じたことややってみたいことがあるという気持ちを大切にしていただきたいです。自分が考えて決めた選択の先には楽しいこと、大変なこともあるかと思いますが、同じ目標を持つ仲間にも出会えると思います。ぜひ今を大切にして、じっくり自分と向きあってみてください。
花王_晋山典恵.jpg
​香りの世界について学んでみよう
​感覚科学研究所
■ ​ワークショップの内容
g1023-7.png
3.jpg
​ロールモデル
向井 理紗 さん
​米国ニュージャージー医科大学
​博士研究員(徳島文理大学卒)
■ ​仕事について・やりがい
心臓は私たちが生まれてから亡くなるまで休まずに全身に血液を送り続けます。そのため心臓が病気にならないようにたくさんの機能によって保護されています。現在は、“虚血”と呼ばれる心臓に血液が運ばれない状態に陥った場合、どのように心臓を保護しているのかという研究をしています。将来的には心臓病を患う方への治療法開発につながる可能性があります。
■ ​皆さんへのメッセージ
高校時代の生物の授業がとても面白く、そのまま理系へと進みました。幸運なことに、好きで続けていたことが仕事へと繋がっています。中学・高校生時代は“好き”や“興味がある”という観点で進路選択すれば良いと思います。何か違うなと思えば、その時また考えましょう。自分の人生、やりたいことを突き詰めるほうが楽しくなるはずです。
■ ​ワークショップの内容
海外でライフサイエンスを仕事にすること&様々な細菌を見たり嗅いだりして判別してみよう!

ロールモデルとは、企業や大学で活躍している女性研究者・技術者のことです。
​イベント当日はロールモデルからいろいろな話を聞いて進路について考えてみよう!
ここでは当日イベントに講演やワークショップをしていただくロールモデルについて​ご紹介いたします。

BUP.jpg のコピー.jpg
「自分らしい進路の見つけ方」~理系進学や仕事を通して学んだこと~​
■ ​仕事について・やりがい
全国各地でサイエンスショーや科学実験教室などを開催し、環境に関係なく科学に触れるきっかけを創っています。また、科学の記事を書いたり、NHK高校講座「化学基礎」に出演したりするなど、科学にまつわることをメディアで発信しています。自分自身の創った企画や表現をとおして、子どもたちが喜んでくれたり、科学に興味を持ってくれたりするときにとてもやりがいを感じます。
■ ​皆さんへのメッセージ
私自身が科学に興味を持ったのは、虹の実験を知った時です。科学は私たちの身の回りにあることや、社会とつながっていることに感動しました。サイエンスエデュテイナーというお仕事はまさに社会と科学をつなぐお仕事です。職業としてあまり知られていないと思いますが、自分自身の表現を楽しみながら科学の知識を活かすことが出来ます。“今は知らないお仕事”に向いていることもあると思いますので、可能性を狭めずに好きなことを極めていってください!
​第一部講師
五十嵐 美樹 さん
タレント・サイエンスエデュテイナー
robo.png
pc.png